産経ニュース

【経済インサイド】「パックマン」の父と呼ばれたナムコ創業者中村雅哉さん 幻のゲーム機構想 あの大物との確執も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「パックマン」の父と呼ばれたナムコ創業者中村雅哉さん 幻のゲーム機構想 あの大物との確執も

パックマンのゲーム画面。斬新なゲーム性により、世界中で愛されている パックマンのゲーム画面。斬新なゲーム性により、世界中で愛されている

 パックマンの海外での人気は、英ギネスが「最も成功したゲーム機」に認定したことや、米映画「ピクセル」の題材になったことでもわかる。米グーグルは2010年、検索サイトのトップページを一時的に、実際に遊べるパックマン仕様に変更した。経済用語でも、敵対的買収を仕掛けられた企業が逆に株式公開買い付け(TOB)を行う対抗措置を「パックマン・ディフェンス」と呼ぶほど浸透している。

 また、ナムコは1983年に発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)にも積極的に参加。特に「ゼビウス」は、「業務用のゲームを家庭で楽しめるというのが衝撃的だった」(浜村氏)。プレーヤーの操る戦闘機が画面の先に先に進み、見たことがない景色が広がる「スクロール」や、地上の決められた場所を正確に攻撃すると、銀色の塔や旗が突然現れる「隠れキャラ」のはしりでもあった。

 中村さんは欧米で「パックマンの父」との異名をとったが、もちろん、現場でゲームをつくったクリエイターは他にいる。パックマンの岩谷徹氏、ゼビウスの遠藤雅伸氏らが有名だ。それでも、中村さんが「父」と慕われるのは、経営の力と人柄で、彼らを強く後押ししたからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「パックマン」の父と呼ばれたナムコ創業者中村雅哉さん 幻のゲーム機構想 あの大物との確執も

「ニュース」のランキング