産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】「ニュース女子」問題 東京新聞の閉じた言論空間に戦慄を覚えた!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
「ニュース女子」問題 東京新聞の閉じた言論空間に戦慄を覚えた!

東京新聞2日付朝刊1面に掲載された「『ニュース女子』問題 深く反省」と題した記事 東京新聞2日付朝刊1面に掲載された「『ニュース女子』問題 深く反省」と題した記事

 実に不可解で不得要領な1面記事だった。東京新聞が2日付で掲載した「『ニュース女子』問題 深く反省」「沖縄報道 本紙の姿勢は変わらず」という記事のことである。それには深田実論説主幹の署名で、同紙の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ番組について、次のように記されていた。

 「内容が本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません。加えて、事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」「とりわけ論説副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」

 これでは、東京新聞が具体的に何を問題視しているのかよく分からない。長谷川氏が、報道姿勢や社論と異なる他の媒体に出演していたことを今さら重く受け止めるのであれば、今まではなぜ、副主幹の肩書で番組に出ることを容認してきたのだろうか。

 何より、「深く反省」と言いながら、当事者である長谷川氏自身の言葉が一切出てこないのはどういうことか-。

 案の定、翌3日付の朝刊各紙では、東京新聞の対応に対する疑問点が取り上げられていた。読売新聞は服部孝章・立教大名誉教授のこんなコメントを載せた。

 「東京新聞は『事実に基づかない論評が含まれる』と番組を批判するならば、どこが事実に反するのかを明らかにすべきだった。中途半端な謝罪で、かえって読者の信頼を損ねたのではないか」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング