産経ニュース

【那覇支局長の沖縄オフレコ放談】教員採用口利き疑惑で辞任 「辺野古移設」政府との交渉役だったコワモテ副知事の虚勢と虚像

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【那覇支局長の沖縄オフレコ放談】
教員採用口利き疑惑で辞任 「辺野古移設」政府との交渉役だったコワモテ副知事の虚勢と虚像

記者会見する安慶田光男・元沖縄県副知事=沖縄県庁 記者会見する安慶田光男・元沖縄県副知事=沖縄県庁

 安慶田(あげだ)光男・元沖縄県副知事が在任中の教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう口利きをしたとされる疑惑で辞任し、沖縄県政界に衝撃が走った。翁長雄志(おながたけし)知事の側近中の側近だっただけに痛手は大きく、翁長県政は機能停止に陥っている。政府との交渉役や選挙参謀として安慶田氏は重要な役割を担ってきたが、副知事就任から2年余りの足跡をたどると、安慶田氏の虚勢と虚像が浮かび上がる。

 生々しい証言

 《副知事室に来るようにとの電話があり、部屋に入ったところ、副知事からメモ用紙を渡されました。3名の受験番号、教科、氏名が記入されており、「よろしくお願い」「無理しなくてもいい」と言われました》

 これは、安慶田氏から教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう働きかけを受けたと証言した諸見里明・前県教育長が書いた告発文書の内容だ。働きかけのあった時期も平成27年8月と特定している。

 諸見里氏の生々しい証言は、安慶田氏から教育庁職員や学校長の人事でも27年と28年に特定の人物とポストを挙げられ、異動を指示されたという働きかけへと続く。

続きを読む

このニュースの写真

  • 教員採用口利き疑惑で辞任 「辺野古移設」政府との交渉役だったコワモテ副知事の虚勢と虚像

「ニュース」のランキング