産経ニュース

【防衛最前線(107)】自衛隊で第二の人生 北海道と本州をつないだフェリーの「はくおう」「ナッチャンWorld」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【防衛最前線(107)】
自衛隊で第二の人生 北海道と本州をつないだフェリーの「はくおう」「ナッチャンWorld」

「はくおう」(防衛装備庁提供) 「はくおう」(防衛装備庁提供)

 以前は新日本海フェリーで活躍していたはくおうは、総トン数約1万7300トン、全長約199メートル、全幅約25メートル。乗客507人や大型車約200台を運ぶことができ、速力も29・4ノットまで出すことができる。

 また、ナッチャンWorldは、東日本フェリー(現在は解散)などで青函航路の高速フェリーとして活躍した双胴船で、総トン数約1万700トン、全長約113メートル、全幅約30メートル。乗客508人や乗用車110台、大型車50台を運ぶことができ、速力も40ノットまで出すことができる。

 いずれも自衛隊の輸送艦で最も大きい「おおすみ」型と比べても遜色なく、新しく建造するよりも費用は安くて済む。防衛装備庁によると、優先利用に伴う契約金額は2隻で約250億円だ。

 既に自衛隊の利用に合わせた改修も施され、このうちナッチャンWorldは昨年秋に終了。交代する形ではくおうが今年3月までの予定で改修中だ。改修作業では、海水から飲料水を作る「造水装置」の設置や座席の取り外し、戦車や装甲車といった重量物を搭載するための補強などが施されている。

 なお、名称は民間フェリー時代を踏襲している。それぞれの母港は、はくおうが相生港(兵庫県)、ナッチャンWorldが函館港(北海道)だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自衛隊で第二の人生 北海道と本州をつないだフェリーの「はくおう」「ナッチャンWorld」
  • 自衛隊で第二の人生 北海道と本州をつないだフェリーの「はくおう」「ナッチャンWorld」
  • 自衛隊で第二の人生 北海道と本州をつないだフェリーの「はくおう」「ナッチャンWorld」
  • 自衛隊で第二の人生 北海道と本州をつないだフェリーの「はくおう」「ナッチャンWorld」

「ニュース」のランキング