産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈602〉】「反日」教に支配され 慰安婦像を本尊に集団自殺への道を歩んでいるよう…と「新潮」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈602〉】
「反日」教に支配され 慰安婦像を本尊に集団自殺への道を歩んでいるよう…と「新潮」

韓国・釜山の日本総領事館前の歩道に、従軍慰安婦被害を象徴する慰安婦像を設置する市民団体のメンバーら=12月30日(共同) 韓国・釜山の日本総領事館前の歩道に、従軍慰安婦被害を象徴する慰安婦像を設置する市民団体のメンバーら=12月30日(共同)

 『週刊文春』『週刊新潮』(ともに2月2日号)、今週のトップが大混乱の韓国。ただし扱い方はかなり違う。

 『文春』は記者を現地に派遣して「韓国『絶望半島』ルポ」。

 『新潮』は『新潮』らしい皮肉なオピニオンで「それでも韓国と仲良くしないとダメなのか?」。

 『文春』の現地ルポ、やや総花的で食い足りない。

 朝日新聞のソウル支局長がコメントを寄せているのが意外と言えば意外。

 〈「国民の主張にはもっともな理由もある反面、怒りのはけ口という側面もあります。韓国の厳しい競争社会に敗れた国民は他者に矛先を向け、国論分裂を喜ぶ北朝鮮がこれをあおります。標的にされたのが崔順実(チェスンシル)やサムスンの李副会長、そして日本なのです。一方で、検察やメディアは世論に迎合し、これ見よがしに捜査し、糾弾しているのです」〉

 わかっているではないか。

 なのに大使らの一時帰国など日本政府の対応に対して、1月7日の社説では「ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている」と日本批判を展開。

 まるで韓国の新聞のようだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「反日」教に支配され 慰安婦像を本尊に集団自殺への道を歩んでいるよう…と「新潮」

関連トピックス

「ニュース」のランキング