産経ニュース

【「大河」場外乱闘】「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【「大河」場外乱闘】
「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」

 新商品に使われている浜松市のキャラクター「出世法師直虎ちゃん」  新商品に使われている浜松市のキャラクター「出世法師直虎ちゃん」

 同庁によると、異議申し立ての審査期間は平均約8カ月だという。逆算すれば今春にも結論が出る見通しだが、糀屋本藤醸造舗はこの4月、「直虎」を冠した商品の第一弾として「信州須坂みそ 直虎」を発売する準備を着々と進める。

 「直虎といえば井伊直虎だと勝手に思い込む浜松市はもう少し冷静かつ太っ腹になった方がいい。そもそも大河ドラマの放送決定してなぜ早く商標登録しなかったのか。異議申し立てという対決姿勢で向かってくるのではなく、話し合いで和解を模索する方が賢明だろう」

 本藤社長はそう指摘し、言葉を継いだ。

 「大河ドラマは始まっているのに、浜松の手法では時間が空費するだけ。仮に浜松の異議申し立てが認められたら、中国の業者も含めてだれもが自由に『直虎』を使えるようになってしまう。それでいいのか。私には『直虎』を独占する気は毛頭なく、話し合いを通じて浜松と商標を共有しても構わない。この1年間、須坂と浜松、はたまた佐賀が一緒になって『直虎』を盛り上げていけたらいいと考えている」

 (長野支局 高木桂一)

このニュースの写真

  • 「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」
  • 「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」
  • 「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」

「ニュース」のランキング