産経ニュース

【「大河」場外乱闘】「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【「大河」場外乱闘】
「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」

 新商品に使われている浜松市のキャラクター「出世法師直虎ちゃん」  新商品に使われている浜松市のキャラクター「出世法師直虎ちゃん」

 先に「直虎」を商標登録したのは浜松市のデザイン会社のほか、須坂市の老舗みそ・しょうゆ製造販売会社「糀屋本藤(こうじやほんどう)醸造舗」だった。

 同社は、29年に須坂市が堀直虎の没後150年イベントを繰り広げるのを見据え、商品開発などで地元のPRに役立てようと27年12月に出願し、同4月に登録された。堀直虎は若くして須坂藩主となり、幕末の動乱期に藩政改革を推し進めた名君とされている。

 同社の本藤浩史社長(56)は、特許庁から唐突に届いた大量の書類のコピーに驚いた。浜松市などが同庁に提出した異議申し立ての文書で、ほとんどが井伊直虎を解説する資料だった。

 「特許庁はあくまで参考にしてくださいという趣旨で送ってきたが、寝耳に水だった。よくよく考えてみて、『直虎といえば井伊直虎』という浜松側の主張は納得できない」と本藤社長は不満をぶちまける。

 商標登録の出願は「おんな城主-」放送発表の約3カ月後だったが、当時は長野県ゆかりの大河ドラマ「真田丸」の放送を目前に控えていた。「次の大河ドラマのことはまったく意識していなかったし、正直言って井伊直虎のことも全く知らなかった」という。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」
  • 「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」
  • 「直虎」めぐり商標騒動 静岡・浜松VS長野・須坂「直虎といえば井伊直虎」「井伊だけとは納得いかぬ」

「ニュース」のランキング