産経ニュース

【大人の遠足】近代日本経済の父、渋沢栄一の生誕地 埼玉・深谷市 故郷愛した明治の巨人しのぶ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大人の遠足】
近代日本経済の父、渋沢栄一の生誕地 埼玉・深谷市 故郷愛した明治の巨人しのぶ

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」で、主人公に大きな影響を与えた人物として登場した近代日本経済の父、渋沢栄一。深谷市が生誕地と聞き、訪ねてみた。そこには教科書に載る歴史上の偉人ではなく、今も地元の人に敬われる人間渋沢が息づいていた。

 近代日本の礎築く

 JR深谷駅の前には渋沢の雅号を冠した青淵広場があり、渋沢の座像が出迎えてくれる。地元の人によると、毎年11月11日の命日の前に地元企業の社員らが1年の汚れを落とし、命日には多くの市民らが献花に訪れるという。

 渋沢は江戸後期の天保11(1840)年、現在の同市血洗島の富農の家に生まれた。富岡製糸場(群馬県富岡市)の初代場長を務めた10歳上のいとこ、尾高惇忠に学問を学び、24歳ごろ京都に出立。後の徳川15代将軍、一橋慶喜に仕官した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 近代日本経済の父、渋沢栄一の生誕地 埼玉・深谷市 故郷愛した明治の巨人しのぶ
  • 近代日本経済の父、渋沢栄一の生誕地 埼玉・深谷市 故郷愛した明治の巨人しのぶ

「ニュース」のランキング