産経ニュース

【安倍晋三首相施政方針演説(3)】「あの3年3カ月、保育士の処遇は改善するどころか、引き下げられていた」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍晋三首相施政方針演説(3)】
「あの3年3カ月、保育士の処遇は改善するどころか、引き下げられていた」

衆院本会議で施政方針演説する安倍晋三首相=20日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影) 衆院本会議で施政方針演説する安倍晋三首相=20日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)

四 安全・安心の国創り

(被災地の復興)

 再生可能エネルギーから大規模に水素を製造する。最先端の実証プロジェクトが、福島で動き出しました。

 南相馬では、町工場の若い後継者たちが力を合わせ、災害時に水中調査を行うロボットを開発しました。その一人、金型工場の2代目、渡邉光貴(こうき)さんが、強い決意を私に語ってくれました。

 「南相馬が『ロボットの町』といわれるよう、若い力で頑張る」

 原発事故により大きな被害を受けた浜通り地域は、今、世界最先端の技術が生まれる場所になろうとしています。

 福島復興特措法を改正し、イノベーション・コースト構想を推し進めます。官民合同チームの体制を強化し、生業(なりわい)の復興を加速します。

 今年度中に、帰還困難区域を除き、除染が完了します。廃炉、賠償等を安定的に実施することと併せ、2020年には身近な場所から仮置き場をなくせるよう、中間貯蔵施設の建設を急ぎます。帰還困難区域でも、復興拠点を設け、5年を目途に避難指示解除を目指し、国の負担により除染やインフラ整備を一体的に進めます。

 東北3県では、来年春までに、95%を超える災害公営住宅が完成し、高台移転も9割で工事が完了する見込みです。農業、水産業、観光業など、生業の復興を力強く支援してまいります。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング