産経ニュース

【安倍晋三首相施政方針演説(1)】「かつて、『最低でも』と言ったことすら実現せず、失望だけが残った」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍晋三首相施政方針演説(1)】
「かつて、『最低でも』と言ったことすら実現せず、失望だけが残った」

衆院本会議で施政方針演説をする安倍晋三首相=20日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で施政方針演説をする安倍晋三首相=20日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 隊員たちが造ったのは、単なるグラウンドではありません。平和を生み出すグラウンドであります。自衛隊の活動一つひとつが、間違いなく、南スーダンの自立と平和な国創りにつながっている。

 灼熱のアデン湾では、今この時も、海賊対処に当たる隊員諸君がいます。3800隻を上回る世界の船舶を護衛してきました。

 平和のため黙々と汗を流す自衛隊の姿を、世界が称賛し、感謝し、頼りにしています。与えられた任務を全力で全うする彼らは、日本国民の誇りであります。

 テロ、難民、貧困、感染症。世界的な課題は深刻さを増しています。こうした現実から、わが国だけが目を背けるようなことは、あってはなりません。今こそ、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄のため、皆さん、能(あた)う限りの貢献をしていこうではありませんか。

=(2)に続く

関連ニュース

「ニュース」のランキング