産経ニュース

【安倍晋三首相施政方針演説(1)】「かつて、『最低でも』と言ったことすら実現せず、失望だけが残った」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍晋三首相施政方針演説(1)】
「かつて、『最低でも』と言ったことすら実現せず、失望だけが残った」

衆院本会議で施政方針演説をする安倍晋三首相=20日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で施政方針演説をする安倍晋三首相=20日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 この機運に弾みをつけるため、本年の早い時期にロシアを訪問します。70年以上動かなかった領土問題の解決は容易なことではありませんが、高齢である島民の皆さんの切実な思いを胸に刻み、平和条約締結に向け、一歩でも、二歩でも、着実に前進していきます。

 本年、日中韓サミットをわが国で開催し、経済、環境、防災など幅広い分野で、地域レベルの協力を強化します。

 韓国は、戦略的利益を共有する最も重要な隣国です。これまでの両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新しい時代の協力関係を深化させてまいります。

 中国の平和的発展を歓迎します。地域の平和と繁栄に大きな責任を有することを、共に自覚し、本年の日中国交正常化45周年、来年の日中平和友好条約締結40周年という節目を迎える、この機を捉え、「戦略的互恵関係」の原則の下、大局的な観点から、共に努力を重ね、関係改善を進めます。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング