産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】韓国・朝日が反対するほど安倍晋三政権は強くなる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
韓国・朝日が反対するほど安倍晋三政権は強くなる

日韓合意に反対する集会で献花する参加者たち。韓国が「反日」になればなるほど、安倍晋三政権の評価が高まる=2016年12月28日、ソウルの日本大使館前(共同) 日韓合意に反対する集会で献花する参加者たち。韓国が「反日」になればなるほど、安倍晋三政権の評価が高まる=2016年12月28日、ソウルの日本大使館前(共同)

 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された問題について、17日付の韓国紙、朝鮮日報が面白い分析を加えていた。「安倍首相の政権基盤固めに貢献する韓国人」と題するコラムがそれである。

 コラムは、(1)李明博前大統領による竹島(島根県隠岐の島町)上陸(2)朴槿恵大統領が慰安婦問題と日韓関係全体を結びつけたこと(3)現在の次期大統領候補らが日韓合意を覆すと主張していること-が、いずれも安倍晋三首相を利したとしてこう説いている。

 「釜山の少女像報復措置により安倍晋三首相の支持率は5ポイント上昇した(NHK調べ)。韓国人が安倍首相をさらに強くしたのだ」

 確かに、駐韓大使を一時帰国させるなどの日本の対抗措置に関し、国民は高く評価し、内閣支持率も上昇している。7日付の社説で政府を「ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている」などと厳しく批判した朝日新聞の直近の世論調査では、内閣支持率が4ポイント上がった。

 また、対抗措置についても75%が「妥当だ」と答え、「妥当ではない」は15%にとどまっている。朝日は、安倍首相が戦後70年談話を出した際も社説で「この談話は出すべきではなかった」と酷評したが、直後の自社の世論調査では談話を「評価する」国民の方が上回り、世論にはしごを外されていた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング