産経ニュース

【アメリカを読む】ジョンベネちゃん事件から20年、米テレビ続々と再検証 残されたナゾと犯人探し

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アメリカを読む】
ジョンベネちゃん事件から20年、米テレビ続々と再検証 残されたナゾと犯人探し

20年前の1996年12月、米コロラド州ボルダーの自宅地下室で殺害遺体で見つかったジョンベネちゃん(AP) 20年前の1996年12月、米コロラド州ボルダーの自宅地下室で殺害遺体で見つかったジョンベネちゃん(AP)

 1996年12月26日に米コロラド州ボールダーの自宅で、美少女コンテストの常連だったジョンベネ・ラムジちゃん=当時(6)=が遺体で発見されてから丸20年が経過した。未解決事件としては異例の関心を集め続けており、節目となった2016年も米テレビは再検証番組を次々と放送。警察の初動捜査のミスもあり、事件には多くの「ナゾ」が残されたままだ。専門家だけでなく一般人までもさまざまな犯行説を唱えるなど、真相究明は混迷し続けている。(ニューヨーク 上塚真由)

 カールしたブロンドヘアに青い目をした美しい少女。米メディアは連日のようにジョンベネちゃんの写真を掲載、米国で最も有名な事件の20年にわたる捜査を検証している。米ピープル誌によると、参考人として取り調べを受けた人はこれまで140人を超え、現場に残留していた証拠品は1400点以上。だが、犯人はいまだ捕まっておらず、捜査に目立った進展はない。

 悲劇はクリスマスシーズンに起きた。1996年12月25日、クリスマスプレゼントに自転車をもらったジョンベネちゃんは両親と兄とともに、両親の友人宅で行われたパーティーに参加。その帰宅途中の車で眠ってしまい、父親がベッドまで運んだという。

続きを読む

このニュースの写真

  • ジョンベネちゃん事件から20年、米テレビ続々と再検証 残されたナゾと犯人探し
  • ジョンベネちゃん事件から20年、米テレビ続々と再検証 残されたナゾと犯人探し

「ニュース」のランキング