産経ニュース

【紅白回顧】「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【紅白回顧】
「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組

司会の有村架純 左は総合司会の武田真一アナウンサー=31日午後、東京・渋谷のNHKホール (矢島康弘撮影) 司会の有村架純 左は総合司会の武田真一アナウンサー=31日午後、東京・渋谷のNHKホール (矢島康弘撮影)

 NHKが「新しいスタートの年」と位置付けた昨年大みそかの第67回NHK紅白歌合戦。プロのアーティストによる歌の力が各場面で発揮された一方、サプライズはなく、「謎の演出」と「?」が相次いだ、近年まれに見るシュールな紅白になった。東京・渋谷のNHKホールで取材した記者が、舞台裏とともに振り返る。

武田真一アナが大活躍

 今回、最も存在感を発揮したのは、総合司会を務めた武田真一アナだったのではないか。出場歌手とのやり取りこそ白組司会の相葉雅紀さん、紅組司会の有村架純さんが中心だったが、要所要所で適切なアナウンスメントを発揮していた。

 大ヒット映画「シン・ゴジラ」とのコラボ企画では、自らゴジラ襲来をリポートし、「アイ・ハブ・ア・マイク、アイ・ハブ・ア・ゴジラ…ゴジラマイク!」と、ピコ太郎さんの「PPAP」をパロディー。報道番組「ニュース7」のキャスターとして「NHKの報道の顔」を務めるだけに、視聴者の間では賛否が分かれるかもしれない。ただ、ニュース7でも時折、柔らかい表情を見せる武田アナの意表を突いた一面は、年の瀬のお祭り番組にふさわしかったともいえる。

 また、氷川きよしさんが熊本城からの中継で「白雲の城」を歌う直前には、「熊本は私のふるさとです。家族や親戚や友達がいます。育った家もあります。思い出の景色もあります。そんなふるさとが、震災で大変なことになってしまいました」と思いを吐露。「今も先が見えない苦しい思いをしている人がいます。遠く離れていても、ふるさとの姿を心に焼き付けていきます。頑張るばい、熊本」と、ふるさとに向かって呼びかけた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組
  • 「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦 これでいいのか、国民的番組

「ニュース」のランキング