産経ニュース

【東京・吉原】日本初「遊郭専門書店」に20~30代女性 リピーターの9割も女性

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【東京・吉原】
日本初「遊郭専門書店」に20~30代女性 リピーターの9割も女性

カストリ書房のロングセラー復刻本『全国遊廓案内』 カストリ書房のロングセラー復刻本『全国遊廓案内』

 不思議なのは著者名がなく、編者が会社名になっていること。その日本遊覧社という社名も偽名です。この本は内地だけでなく台湾や朝鮮、関東州など外地についても網羅しており、この時代に個人でそんなことができる人はなかなかいないでしょうから、支局などの広い情報網を持つ新聞社が関わっていたのではないでしょうか。当時は検閲がありましたから、その辺を逃れるための便法かなと思いますね」

 ■『全国女性街ガイド』(昭和30年、税込5400円)

 「戦前の『全国遊廓案内』から25年後、売春防止法が完全施行される3年前に出た本です。赤線を中心とした全国の売春街約350カ所を、渡辺寛というおじさんが一人で取材して書いた。当時、こういうことを網羅的にやった人は他に誰もおらず、各地の赤線がどういった状況であったかを知るにはこの一冊しかない。もちろん刊行時は別に文化的な意義付けなどなく、柔らかいお色気本として出されたのですが、半世紀以上経ってから見ると、当時の風俗情報がすごくよく分かる貴重な文献になっています。

 そうした理由で渡辺寛さんという人は赤線研究界隈ではビッグネームだったのですが、この本を出した後に消息が絶え、ずっと謎の人物だった。生死不明で、著作権がどうなっているのかも分からない。それが平成27年にご家族を探してお会いすることができ、なんと後年は某大手私鉄系の有名企業の役員を務め、平成9年までご存命だったことが分かりました。ご家族は自分の父親がこうした本を書いていたことを全く知らなくて、訪問時には驚かれましたが、復刻に関してはとても好意的に対応していただきました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本初「遊郭専門書店」に20~30代女性 リピーターの9割も女性
  • 日本初「遊郭専門書店」に20~30代女性 リピーターの9割も女性
  • 日本初「遊郭専門書店」に20~30代女性 リピーターの9割も女性
  • 日本初「遊郭専門書店」に20~30代女性 リピーターの9割も女性

「ニュース」のランキング