産経ニュース

【サッカー日本代表】ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」

ロシアW杯最終予選・サウジアラビア代表戦の後半、選手に指示を出す日本代表・ハリルホジッチ監督=2016年11月15日、埼玉(甘利慈撮影)  ロシアW杯最終予選・サウジアラビア代表戦の後半、選手に指示を出す日本代表・ハリルホジッチ監督=2016年11月15日、埼玉(甘利慈撮影) 

 --国内組を使わないことに疑問の声があるが

 「皆さんの視点で面白いのは、試合数やプレー時間を持ち出して分析すること。豪州戦の小林悠を思い出してほしい。後半で足がつっていた。彼は上下動をかなりした。豪州の左SBがものすごいカウンターを仕掛けてきたから、ついていかないといけなかった。その後に背後へ走らなければいけなかった。それは川崎でやっていないプレー。それがたまりたまって、足がつった。そこを計算、分析してほしい」

 --ACミランで出場機会が限られている本田は移籍すべきだろうか

 「代表は本田が必要だし、今のところ代表で一番いい得点者で一番いいパサー。(本田)圭佑が先発を取ってほしいけど、取れないならほかのチームにいってほしい」

 --サッカー以外にはいいことがあったか

 「サッカー以外の方が良いことが多かった。歴史、伝統、文化を見ても日本は世界でもまれな国だと改めて感じた。食事は不安があったけど、驚かされた。素晴らしい。家族は日本が大好き。時々道行く人が話しかけてくれるけど、好感が持てる人ばかりです」

 --日本人の特性で感じることは

 「日本人の教育とか伝統、習慣があるから優しさというのが出てしまう。グラウンド上では見せない努力をしないといけない。私はフランス語でマランという言葉を使う。ポルトガル語ではマリーシア(ずる賢さ)。マランに優れた選手は日本人にはいない。(昨年のチャンピオンシップ決勝第2戦で)槙野の前に(鈴木)優磨が入ってPKをもらった。あれはマランの一種。日本はマランの文化がないので少しずつ変えていきたい」

続きを読む

このニュースの写真

  • ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」
  • ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」
  • ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」

「ニュース」のランキング