産経ニュース

【サッカー日本代表】ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」

ロシアW杯最終予選・サウジアラビア代表戦の後半、選手に指示を出す日本代表・ハリルホジッチ監督=2016年11月15日、埼玉(甘利慈撮影)  ロシアW杯最終予選・サウジアラビア代表戦の後半、選手に指示を出す日本代表・ハリルホジッチ監督=2016年11月15日、埼玉(甘利慈撮影) 

 --現状のFW陣は

 「岡崎はレスターでFW以外の仕事をしている。大迫も一緒です。試合中にボランチに下げられていることもあるし、2点しか取っていない。(原口)元気はヘルタで1点も取っていない。代表ではなぜ点を取れるのか。彼らに16メートルに入れ、入れと言っているからです。他のソリューションがないからです」

 --データを多用している

 「少し統計を紹介すると特長が見えてくる。チームは1試合平均で115キロメートル走っている。悪くはないけど、目標は120キロメートル走りたい。スプリント数は1試合平均で181回。目標は230~250回いきたい。時速24キロからスプリントといわれているが、代表は時速32~34キロのことを呼んでいる。伸ばしていきたい」

 --数字は好きなのか

 「数学が好きだったのと数字が大好き。投資とかは興味がある。他にも、1試合平均22回シュートを放って、枠内シュートが42%。これは50%以上にしたい。次にクロスボール。1試合平均で23.5回クロスを上げている。ただ、成功率は22%。22回クロスを上げて、22%しか合わせられなかった。クロスの質、ペナルティーエリアで合わせる準備の質を上げないといけない。30~35%合わせられるようにしたい」

 --監督はデュエルという言葉を盛んに使ってきた

 「デュエルという言葉を最初に発したとき、皆さんは『デュエルって何ですか?』と聞いた。欧州と日本の違いです。デュエルの回数が本当に少ない。欧州ではボールが来るか来ないかの段階でもう相手が来る。日本ではどうですか? ボールを長く保持できる。シャンパンも飲めるし、酒も飲めるくらい。大げさに言えばそんなイメージです。今のところ50%勝っていると言われていますが、特にアウェーで60%は勝ちにいきたい」

続きを読む

このニュースの写真

  • ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」
  • ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」
  • ロシアW杯へ正念場 ハリルホジッチ監督「W杯へこれからが本当の戦い」

「ニュース」のランキング