産経ニュース

【はばたく2017】早大野球部を2日で退部 信州で育った道産子 DeNA育成1位・笠井崇正投手

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【はばたく2017】
早大野球部を2日で退部 信州で育った道産子 DeNA育成1位・笠井崇正投手

信濃グランセローズの抑えの一角として活躍した笠井崇正投手(信濃グランセローズ提供) 信濃グランセローズの抑えの一角として活躍した笠井崇正投手(信濃グランセローズ提供)

 BCリーグ・信濃グランセローズ(長野市)の笠井崇(たか)正(まさ)投手(22)=早稲田大学スポーツ科学部4年生=が、夢のプロのマウンドへ大きな一歩を踏み出した。10月20日のプロ野球ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズに育成1位で指名され、仮契約を結んだ。早大硬式野球部を2日で退部し信州に新天地を求めて、つかんだチャンス。急転の野球人生に「努力して実力をつけ、支配下登録で1軍登板を目指したい」と闘志を燃やす。

 北海道旭川市出身の笠井投手は、友達に誘われて小学3年から野球を始めた。好きで打ち込んだ道だが、旭川西高時代は道ベスト8止まりで甲子園とは無縁だった。同高卒業後、早大に一般入試で進み、野球部の門を叩くも3日ともたなかった。

 「上下関係が厳しく、下級生は大変だと聞いた。与えられた練習をやるのは、自分に合わないと感じた」

 アルバイトも経験しながら学生生活を謳歌(おうか)した。ただ野球からは離れたくなかった。硬式野球サークルに入って体を鍛え続けた。いずれはプロのマウンドに立つという夢があった。

 そして昨年11月、BCリーグの合同トライアウトを受け、信濃に今春入団した。現役大学生と独立リーグの二足のわらじをはく日々が始まった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 早大野球部を2日で退部 信州で育った道産子 DeNA育成1位・笠井崇正投手

「ニュース」のランキング