産経ニュース

【教育界のゲス醜聞】前代未聞、トップが辞任した日教組 「新たな全国組織が必要だ」…機能不全にOBが「劇薬」提言

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【教育界のゲス醜聞】
前代未聞、トップが辞任した日教組 「新たな全国組織が必要だ」…機能不全にOBが「劇薬」提言

女性問題などを週刊誌に報じられ辞任した日教組委員長の岡本泰良氏 女性問題などを週刊誌に報じられ辞任した日教組委員長の岡本泰良氏

 女性問題や組合費の私的流用疑惑が週刊誌で報じられた日本教職員組合(日教組)の岡本泰良(やすなが)氏が11月末、委員長職の辞任に追い込まれた。日教組は組織の信用と名誉を傷つけたとして岡本氏を減給処分とし、問題の幕引きを図るが組合員の怒りは収まらず、OBからは日教組に見切りをつけ、教職員同士の専門性を磨くための新組織設立を求める提言も出ているのだ。来年で結成70年を迎える日教組の行方は波乱含みだ。

 「中央執行委員長辞意表明について」。11月30日、日教組のホームページに岡本氏の委員長辞任と関係者へのおわびが掲載されたが、“弁解”も盛り込まれていた。週刊誌が報じた飲食店への組合費の私的流用疑惑について検証した結果、「適切な会計処理がなされ、財政規律が確立されていることが再確認された」との内容だ。

 この一文を挿入した狙いについて、教育関係者はこうみる。「組合費の私的流用が確認されれば、組合費を納める教職員の組織離れが加速するのは間違いない。組織への壊滅的なダメージを回避するためにも、私的流用がなかったことを強調したのだろう」

続きを読む

このニュースの写真

  • 前代未聞、トップが辞任した日教組 「新たな全国組織が必要だ」…機能不全にOBが「劇薬」提言

「ニュース」のランキング