産経ニュース

【薬師丸ひろ子】薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【薬師丸ひろ子】
薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…

アルバム「Cinema Songs」発売後のライブで、多くの聴衆を魅了した薬師丸ひろ子=11月24日、東京都港区の「ビルボードライブ東京」(田中聖太郎撮影) アルバム「Cinema Songs」発売後のライブで、多くの聴衆を魅了した薬師丸ひろ子=11月24日、東京都港区の「ビルボードライブ東京」(田中聖太郎撮影)

 〈「セーラー服と機関銃」のほかにも、「探偵物語」や「メインテーマ」「Woman“Wの悲劇”より」など、数々のオリジナルヒット曲を持つ薬師丸。だがそこにはひとつのおきてがあるという〉

 みなさんの思い出の中にある歌だから、原曲キーで歌うということと、節回しなども変えずに、当時のあったままを聴いてもらうということが、唯一のおきてというか。この歌を歌っていいという許しをもらっているという感じです。

 (原曲キーのままでも)やっていけるということもここ数年で確信してきた部分もあって。歌手の方ならキーを下げたりしても、また個性が出たりすると思うんですが、「セーラー服…」や「探偵…」「メインテーマ」「W」は、主題歌であるという別の責任のようなものがある気がして。おきてとか責任とか、なんかヤクザの世界みたいですけど(笑)。

 35年の間、ずっと歌手活動をしてきたわけじゃないのに、特に「あまちゃん」以降、みなさんが、こんなに私の歌を楽しみにしてくださる方がいらっしゃると、私自身も改めて気付いた次第で。レコードの売り上げ枚数とかそういうこと以上に、対面することで自分自身が驚いたことでもあります。

 映画の主題歌を歌うようになったきっかけは「セーラー服…」なんですが、たまたま歌った歌が、みなさんの耳に入る機会が多くて、それならばというビジネスかもしれないですが、次の映画の主題歌も歌うようになって。「里見八犬伝」など、主題歌を歌っていない映画もあるんですけどね。

 でも「セーラー服…」がヒットしたときは、映画の現場でしごかれているのが私の世界、居場所だと思っていたんですけど、そのヒットでガラッと状況が一変しましたね。

続きを読む

このニュースの写真

  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…

「ニュース」のランキング