産経ニュース

【薬師丸ひろ子】薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【薬師丸ひろ子】
薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…

アルバム「Cinema Songs」発売後のライブで、多くの聴衆を魅了した薬師丸ひろ子=11月24日、東京都港区の「ビルボードライブ東京」(田中聖太郎撮影) アルバム「Cinema Songs」発売後のライブで、多くの聴衆を魅了した薬師丸ひろ子=11月24日、東京都港区の「ビルボードライブ東京」(田中聖太郎撮影)

 オードリー・ヘプバーンの「ムーン・リバー」も、映画ではヘプバーンが心情を吐露するようにギター一本でシンプルにささやくように歌いますが、私はヘプバーンではないので、もう少し華やかな、タイトルのようなサウンドにしてもらいました。

 「ベンのテーマ」は私が子供の頃に、まだ友達同士で映画なんて行っちゃいけなかったんですけど、それを破って初めて友達と見に行った映画「ベン」の主題歌。当時、本当にきれいな音楽だな、と思いました。その印象が色あせずに、今も響いてくるので、映画の好き嫌いとは別に、どうしてもみなさんに聴いてもらいたかった曲です。

 映画を知る人にも全く知らない世代の人にも聴いてもらいたいと思ったので、楽曲の持つ本来の美しさを残しつつ、ということだけは注意しましたね。

 〈ボーナストラックには、自身の歌手デビュー曲「セーラー服と機関銃」を入れた〉

 35周年なんで、35年この歌を歌い続けてきているわけですよね。歌手の方なら、1度ぐらいはこういうすごいヒット曲を引っ込める瞬間がありますよね。コンサートでも歌わないとか。でも、この曲に関しては私のものではないという自覚がすごくあります。聴く人のものであって、聴いている人の思い出だったり、みなさんのものにすでになっている曲だと思うんです。長く歌っているとか飽きたとかということは一切なくて、みなさんの歌を、私が歌っているという感じです。

 (作詞した)来生えつこさんが、17歳の私によくこういう歌詞をくださったなという思いもありますが、私というよりも映画の主人公であった女の子が一生抱えて生きていく歌、言葉なんだろうなと解釈しています。歌詞の意味が「分かった」と思える瞬間は、もっと先かもしれないし。

続きを読む

このニュースの写真

  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…
  • 薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…

「ニュース」のランキング