産経ニュース

【佐藤優の世界裏舞台】韓国政治混乱でインテリジェンス協力に支障の可能性 国民の行き場のない怒りは日本に…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【佐藤優の世界裏舞台】
韓国政治混乱でインテリジェンス協力に支障の可能性 国民の行き場のない怒りは日本に…

作家の佐藤優氏 作家の佐藤優氏

 混乱していた韓国内政に区切りがついた。韓国国会は、朴槿恵(パク・クネ)大統領(64)の弾劾訴追案を採決した。結果は、賛成234票、反対56票で弾劾が可決された。野党3党に加え、与党セヌリ党の一部も賛成に回った。朴氏の大統領権限は停止され、黄教安(ファン・ギョアン)首相(59)が大統領の職務を代行する。

 韓国憲法の規定によれば、憲法裁判所が180日以内に弾劾するか決める。弾劾が決まれば朴氏は大統領職を罷免され、60日以内に大統領選が行われる。大統領の弾劾決議が行われた理由は、検察の捜査で、朴氏が支援者の崔順実(チェスンシル)被告らと共謀し、財閥企業に財団への資金拠出を強要したなどと認定されたからだ。

 憲法裁判所は所長を含め9人で構成され、6人以上の賛成があれば、大統領弾劾が成立する。韓国では2004年の3月12日に国会で当時の盧武鉉(ノムヒョン)大統領に対する弾劾が成立したことがある。しかしこのときは、1カ月後の4月15日に行われた国会選挙で盧氏を支持する与党が圧勝したため、事実上、盧氏が国民によって信任されたと見なされ、5月14日に憲法裁判所は弾劾訴追を棄却した。朴槿恵氏の場合、このような逆転が起きる可能性は皆無だ。従って、来年、前半に大統領選挙が行われる。

続きを読む

「ニュース」のランキング