PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】キャディーに投げたボールが池へ 大捕り物も見つからず ルールを知らないゴルファーも続出 

Messenger

 選手がボールをキャディーに渡し、ふいてもらう行為は、日ごろから目にする光景だ。ただ、キャディーが何をしているのか把握しないまま、ボールを投げる行為は軽率とのそしりを受けても、やむを得ないだろう。

 すでに11月と晩秋の寒空で、水温は低いはず。さらには池の中は、深いところもある。足を取られる可能性もあり、危険だ。

 松森は「私の不注意、軽率な行為でした」と反省するしかなかった。

 同じ日、米女子ツアーを主戦場とする上原彩子(32)はルール誤認による前代未聞となる「68罰打」を受け、プロでは初の“100超え”を記録した。

 ローカルルールにある「芝を短く刈ってある区域ではボールを拾い上げてふき、リプレースできる」が適用されることになったわけだが、問題は戻す場所。元あった場所に戻さねばならない。が、米国でプレーしている上原は元の場所から1クラブの長さ以内にプレースできると思い込んでいた。

 このまま第1ラウンドをプレー。計19カ所で違反したため、38罰打が加算され、さらに15ホール分が過少申告だっとして30罰打も加わり、141に。昨年までのルールならば「スコア誤記」で失格となったところだが、前代未聞の罰打となってしまった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ