産経ニュース

【スポーツ異聞】「21世紀枠」離島の高校で「ネットいじめ」 美談に隠された闇

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
「21世紀枠」離島の高校で「ネットいじめ」 美談に隠された闇

今年の選抜に「21世紀枠」で出場した小豆島ナイン(写真と本文は関係ありません) 今年の選抜に「21世紀枠」で出場した小豆島ナイン(写真と本文は関係ありません)

 美談には裏がある。すべてを鵜のみにすると裏切られる。今春の選抜高校野球に「21世紀枠」で出場した小豆島高(香川県小豆島町)に野球部員によるいじめが発覚し、日本学生野球協会は来年4月19日までの対外試合禁止という重い処分を科した。瀬戸内海に浮かぶ離島の高校の不祥事に耳を疑った関係者は多い。島に希望と勇気をもたらしたナインの姿が今もまぶたに浮かぶ。「エンジョイ・ベースボール」の部のモットーが泣いている。今後、21世紀枠の存続意義を問う声が出てきそうだ。

 学校側の説明によると、野球部員6人が他の部員2人に対して尻を蹴るほか、会員制交流サイト(SNS)上などで「きもい」「うざい」といった暴言の数々を並べたという。

 そもそも、同校が21世紀枠に推薦された理由は「離島のハンディを乗り越えて」というものだった。選抜出場から1年もたたないうちの不祥事だけに後味の悪さが残る。また、マンモス校でない小規模の野球部にもかかわらず、いじめの“加害者”が6人もいたことに驚かされる。

高校野球ならではの“優遇制度”

 選抜甲子園の21世紀枠がスタートしたのは文字通り「2001年」(第73回大会)からだ。「困難」「ハンディ」「復興」「社会貢献」「質実剛健」…をキーワードに地域バランスを加味しながら、毎年2校から3校選出されてきた。2013年の土佐高を除くと、公立校という顔ぶれだ。高野連の“私学嫌い”がうかがえる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「21世紀枠」離島の高校で「ネットいじめ」 美談に隠された闇

「ニュース」のランキング