産経ニュース

【河崎真澄のチャイナウオッチ】トランプ氏との交渉 手ぐすねの中国 日本は20世紀に描いた対中シナリオ捨てよ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【河崎真澄のチャイナウオッチ】
トランプ氏との交渉 手ぐすねの中国 日本は20世紀に描いた対中シナリオ捨てよ

10日、北京で米新大統領にトランプ氏が選出されたと伝える中国紙。「損得勘定」が染みついた中国には、ビジネスマン出身の新大統領を歓迎する向きも(AP) 10日、北京で米新大統領にトランプ氏が選出されたと伝える中国紙。「損得勘定」が染みついた中国には、ビジネスマン出身の新大統領を歓迎する向きも(AP)

 「2020年の中国の国内総生産(GDP)総額は60%の確率で世界3位となろう」。日中の専門家10人による共著で、2000年7月に出版された「2020年の中国」(日本経済新聞社)はシナリオのひとつとしてこう“予言”していた。1、2位は米日だ。

 だが、同書の出版から10年後、中国のGDPはあっけなく日本を飛び越えて米国に次ぐ2位に躍進。16年の今年は日本の3倍にもなろうかという規模だ。20年にはトップの米国のGDPに迫る可能性すらある。

 20世紀最後の年だった00年に書かれた専門家の見通しの“甘さ”を批判しているのではない。16年前に現在の中国の姿を的確に予測できた人物は中国人を含めほとんどいなかった、という傍証として挙げた。中国のGDPは当時、日本の3分の1に過ぎなかった。

 同書に編者と記されている日本経済研究センター客員研究員(当時)の鮫島敬治氏は、文化大革命が吹き荒れた1960年代に日本経済新聞の北京特派員として活躍し、いわれなきスパイ容疑で中国当局に1年余りにわたって拘束されたことでも知られる猛者だ。執筆者には東洋学園大学の朱建栄教授ら、そうそうたるメンバーも並んでいる。

続きを読む

このニュースの写真

  • トランプ氏との交渉 手ぐすねの中国 日本は20世紀に描いた対中シナリオ捨てよ

「ニュース」のランキング