産経ニュース

【高論卓説】完全自動化でなくなる職業とは 雇用の未来に国も個人も早期対策を

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高論卓説】
完全自動化でなくなる職業とは 雇用の未来に国も個人も早期対策を

ハンドルに触れなくても、座席が振動して危険を察知できる自動運転技術を体感する女性=10月5日、千葉市美浜区 ハンドルに触れなくても、座席が振動して危険を察知できる自動運転技術を体感する女性=10月5日、千葉市美浜区

 40年前の星新一さんの「SFショートショート」に、あらゆる仕事はロボットがするようになり、人間は栄養補給と生殖だけをするようになるという話があった。そのころは、人間の仕事全部がロボットにとって代わるなど夢物語だった。最近では、どんな仕事・職業がどの位の確率でなくなるかが具体的に予測されるようになった。英オックスフォード大のオズボーン准教授らの論文「雇用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか」(2014年)によると、10~20年後、現在ある職業の約半分はなくなるという。そのリアリティーは強まってきた。

 例えば、現在わが国には、約200万人のトラックやタクシーの運転従事者がいるが、車の運転が完全に自動化することになれば、残念ながら彼らの仕事はなくなる。人間による車の運転は危険を伴うものであり、年々減少傾向にあるといっても2015年中には約54万件の人身事故が発生し、約4000人が命を落とした。

 このような多数の犠牲者が不可避的に生じる自動車運転が許容されてきたのは、自動車による人の移動や物流がもたらす便益が極めて大きいことに求められてきた(法的には「許された危険」などという)。自動運転によって事故が起こらなくなった時点からは、社会的便益を持ち出して、危険性を伴う人間による運転を許容する根拠は失われる。自動運転技術を使わず、人間自ら運転する行為は、他人に危害を加える可能性があると認識しながら、あえてそのような危険な行為を行ったものとして強い非難を受けることになるだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 完全自動化でなくなる職業とは 雇用の未来に国も個人も早期対策を
  • 完全自動化でなくなる職業とは 雇用の未来に国も個人も早期対策を

「ニュース」のランキング