産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】「サムスン転べば国がヤバい」サムスン信奉の韓国の自信が崩れ始めた 欠陥スマホが映し出す「韓国社会」特集(上)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
「サムスン転べば国がヤバい」サムスン信奉の韓国の自信が崩れ始めた 欠陥スマホが映し出す「韓国社会」特集(上)

10月11日、ソウルの証券取引所で、急落するサムスン電子の株価の値動きを示すボード(AP) 10月11日、ソウルの証券取引所で、急落するサムスン電子の株価の値動きを示すボード(AP)

 何事もせっかちで、かついいかげんな韓国人の性格を指摘したもので、ずばり、韓国の国民性である。「起こるべきして起きた」(朝鮮日報)と、メディアをはじめ、多くの韓国人自身が今回、素直にそれを認めている。

 サムスンはノート7を、ライバル機種であるアップルの「iPhone(アイフォーン)」の新製品より1カ月先行し発表。米国市場の攻略を試みた。発売1カ月でギャラクシーノートシリーズでは過去最多の100万台を売り上げた。そんな出足好調の中、トラブルは発覚した。さらに、返品、交換した製品にも発火・発煙トラブルが相次いだ。

 文字通り、サムスンは自ら“火に油”を注いでしまった。自慢の新製品ノート7は煙と炎を上げ続けた。そして、サムスンは火を消すのに躍起となっている。韓国民が「最高の技術」と誇る国内ナンバーワン企業の失態、その手際の悪さに韓国では「ついにサムスンまでも」と衝撃は大きい。

 韓国国内の騒ぎぶりを見ていて、こちらはなぜか、なつかしい感じを覚えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「サムスン転べば国がヤバい」サムスン信奉の韓国の自信が崩れ始めた 欠陥スマホが映し出す「韓国社会」特集(上)

「ニュース」のランキング