産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】「サムスン転べば国がヤバい」サムスン信奉の韓国の自信が崩れ始めた 欠陥スマホが映し出す「韓国社会」特集(上)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
「サムスン転べば国がヤバい」サムスン信奉の韓国の自信が崩れ始めた 欠陥スマホが映し出す「韓国社会」特集(上)

10月11日、ソウルの証券取引所で、急落するサムスン電子の株価の値動きを示すボード(AP) 10月11日、ソウルの証券取引所で、急落するサムスン電子の株価の値動きを示すボード(AP)

 また、生産・販売停止による損失が、2016年10~12月期と17年1~3月期までで、計3兆5000億ウォン(約3200億円)前後に上るとの見通しを発表した。さらに、16年7~9月期決算の速報値を下方修正。営業利益を5%増益の当初の約7兆8000億ウォンから約5兆2000億ウォンに下方修正。今後の業績見通しも、さらに下方修正される可能性がある。

 損失や業績悪化はもちろん、サムスンが懸念しているのはブランドイメージの低下だ。サムスンだけでない。韓国では政府をはじめ、メディアや財界、その他、社会全体が世界でのサムスンのイメージダウンを心配している。

 サムスン電子は韓国最大の財閥サムスングループを牽引(けんいん)してきた中核企業だ。韓国経済を引っ張ってきたと言ってもいい。その韓国が誇るトップ企業の失態が、韓国のイメージ低下へ波及することへの危機感も高まっている。

 煙が出て炎が上がる“画期的”なスマホは、どうして出来上がったのか。原因は今も調査中だが、韓国メディアのほとんどが、「早く!早く!」と性急さを求めたことと、正確さを欠き適当に済まそうとしたことが背景にあるとみている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「サムスン転べば国がヤバい」サムスン信奉の韓国の自信が崩れ始めた 欠陥スマホが映し出す「韓国社会」特集(上)

「ニュース」のランキング