産経ニュース

【政界徒然草】野党時代の丸川珠代氏に負けない「新・ヤジ将軍」が民進党に誕生 その人の名は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
野党時代の丸川珠代氏に負けない「新・ヤジ将軍」が民進党に誕生 その人の名は…

衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、質問する民進党の初鹿明博氏=9月30日、衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、質問する民進党の初鹿明博氏=9月30日、衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 旧民主党政権時代、野党・自民党には多くの「ヤジ将軍」がいた。「愚か者めが!」で話題を呼んだ丸川珠代五輪相、「参院一のヤジ将軍」と呼ばれた西田昌司氏…。現在の野党には逸材がいないのかと案じていたら、今臨時国会で注目株が現れた。安倍晋三首相が思わずその名を口走ってしまう「新・ヤジ将軍」とは、いったいどんな人物なのか-。

 9月30日の衆院予算委員会。安倍首相が民進党の細野豪志代表代行の質問に応じている最中、答弁をさえぎるように甲高い声が室内に響いた。ヤジの主に視線を向けた首相は、「また、あなたですか…」と言わんばかりの苦笑を浮かべ、こう答弁を続けた。

 「初鹿さんですか? ヤジで(意思を)あらわす方もいますね。御党はこうやってヤジで意思をあらわされるわけですね」

 「初鹿さん」とは、民進党の初鹿明博青年局長(47)である。答弁者がヤジに反論することはしばしばあるが、その主を名指しすることは珍しい。ヤジを飛ばしても一顧だにされない議員も大勢いることを考えれば、「悪名は無名に勝る」といわれる永田町にあっては誇るべきことなのかもしれないが…。

 初鹿氏は、鳩山由紀夫元首相の秘書や東京都議を経て、旧民主党が政権交代を果たした平成21年の衆院選で同党公認で初当選した。24年11月の衆院解散の日に離党届を提出し、翌月の衆院選には日本未来の党から出馬して落選。浪人中は、みどりの風東京都支部長などを務めていたが、26年衆院選の直前に旧維新の党に入り同党から国政に返り咲いた。その後、今年3月の旧民主、旧維新両党の合流に伴って民進党に参加した。

続きを読む

「ニュース」のランキング