産経ニュース

【民進・山尾志桜里氏VS安倍晋三首相 衆院予算委(上)】待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【民進・山尾志桜里氏VS安倍晋三首相 衆院予算委(上)】
待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」

衆院予算委員会で、民進党の山尾志桜里前政調会長の質問に答弁する安倍晋三首相=12日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で、民進党の山尾志桜里前政調会長の質問に答弁する安倍晋三首相=12日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 「安倍政権においては、プラスの勧告ができるという社会情勢、経済情勢を作り出すことができたのは事実だ。その中において、女性が働き始めたのも事実であり、その結果についても、質問することについて、私たちの論評を述べたので、その反論ぐらいさせていただきたいと思う。それについては、厚労相を呼んで頂ければ、つまびらかにお話ができるが、私は担当大臣ではないから、全部にお話をさせていただかないと完結しない」

 「大切なことは、もう一度言うが、女性の就労者が増えたことは事実で、申し込み者がそれによって増えた。2.5倍のペースで増やしたけど、追いつかなかったのは事実だと申し上げた。そこで、ご質問についてだが、高い使命感と希望を持って保育の道を選んだ方々に仕事を続けていただくためには処遇を改善するだけではなく、保育士資格を持つ方の就職支援や事務負担の軽減に総合的に取り組む必要がある」

 「ご指摘の法案については、恒久的な財源の確保策が明らかになっていない点、人材確保のために必要な総合的な対策となっていないことに問題があると考えている。繰り返しになるが、社会保障の議論をするときは、大切なことは財源を確保することが一番の難関であって、私たちも増やしたいが、将来のツケとならないよう財源を見つけていくことが課題である。2%については、われわれが恒久的な財源を作って、そういう措置をしていくことは申し上げておきたい」

このニュースの写真

  • 待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」
  • 待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」

「ニュース」のランキング