産経ニュース

【民進・山尾志桜里氏VS安倍晋三首相 衆院予算委(上)】待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【民進・山尾志桜里氏VS安倍晋三首相 衆院予算委(上)】
待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」

衆院予算委員会で、民進党の山尾志桜里前政調会長の質問に答弁する安倍晋三首相=12日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で、民進党の山尾志桜里前政調会長の質問に答弁する安倍晋三首相=12日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 「さらに来年度から2%増やすのは政治決定だと思う。これは、春の国会で随分申し上げた。そのとき首相は財源が見つかったら、やると話していたが、見つかっていないがやると断言されている。これは議論も無駄じゃなかったと思うが、私も反省がある。民主党政権のときに保育士処遇改善をやろうと意思決定をした。財源、消費増税を使おうと決めた。最初3%、2%、でも、それでは、とてもとても保育士さんは保育士の仕事に戻れない。あるいは、保育士の資格を取っても保育士の仕事に就けない。この深刻さが私たちも分かっていなかった」

「私たちは改めて平均給与との11万の差額、これをせめて5万円、上げようじゃないかという法案を提出している。いまだに審議に応じていただいていない。蓮舫代表も5万円給与アップについて質問しているが、改めて聞く。この提案、首相はどのようにお考えか。どこに問題があるか」

 首相「お互いに威張ったり、批判したりする。これはお互いにやめるべきであって、いきなり山尾さんが、安倍政権が何もやっていないかのごとくの議論をするから、その中でわれわれも安倍政権で7%上げたとはずっと言わなかった。誤解を与えてしまうので、7%相当上げてきたと。確かに麻生政権のときも下がった。これはリーマンショックがあった。そうではない社会情勢を作っていくことは、麻生さんもわれわれも努力をしていかないといけない」

続きを読む

このニュースの写真

  • 待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」
  • 待機児童で応酬 「威張ってけなしても議論にならない」「論理が破綻」

「ニュース」のランキング