産経ニュース

【スメルハラスメント余波】自分のニオイが怖い「自己臭恐怖症」が増えている! ホントはクサくないのに…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スメルハラスメント余波】
自分のニオイが怖い「自己臭恐怖症」が増えている! ホントはクサくないのに…

イラスト・藤原隆兵 イラスト・藤原隆兵

 発汗や加齢などで強まる体臭。周囲に不快感を与える「スメルハラスメント(スメハラ)」の認知が進むにつれ、自分のにおいを気に病む「自己臭恐怖症」と診断される患者が増えている。デオドラント(防臭)用品を上手に活用することで、トラブル回避につなげられる。(玉崎栄次)

悪化すれば外出できなくなることも…

 ワキガや多汗症などの治療やカウンセリングを専門的に手がける「五味クリニック」(東京都新宿区)。30人ほどの患者が通院するが、その7割は自己臭恐怖症と診断される。精神的な疾患で、他人から「くさい」と指摘されたことなどをきっかけに、「自分が周囲を不快にしている」と悩むようになる。患者の中には、実際に強い体臭がないにもかかわらず、悩んでいる人も目立つという。

 自己臭恐怖症が悪化すれば、仕事が手につかなくなったり、外出できなくなったりすることもある。

 五味常明院長は「10年前は外来の3割ほどだったが、ここ数年で急増した。スメハラの登場など『臭い』が許容されにくい社会となったため、悩みの種になったのだろう」と説明する。

男女の3割超 「こそクン」経験

 自己臭恐怖症までいかなくとも、臭いを気にする人は増えている。

 法律相談などを受ける「日本法規情報」(東京都新宿区)が実施した今年7月の調査(男女902人対象)では、スメハラの認知度を尋ねたところ「知っている」が26%、「聞いたことはある」が28%で5割を超えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自分のニオイが怖い「自己臭恐怖症」が増えている! ホントはクサくないのに…

「ニュース」のランキング