産経ニュース

【不妊治療のやめ時を考える(1)】夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【不妊治療のやめ時を考える(1)】
夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

 「ねえ、1人っ子がいいの?」

 東京都の派遣社員、中村良子さん(44)=仮名=は不妊治療がうまくいかなかったとき、生後2カ月で亡くなった長男の崇ちゃん=同=にこう話しかける。

 リビングに置かれた白い子供用の小さなテーブル。崇ちゃんの写真やおもちゃがたくさん並んでいる。

 35歳で1歳年下の会社員、隆行さん=同=と結婚。子供は「自然に授かるもの」と思っていたが、なかなかできなかった。37歳のときに不妊専門クリニックで治療を開始。体外受精で妊娠し、平成23年1月に出産した。40歳だった。

 待望のわが子は心臓に重い病を抱えていたが、手術が成功。回復に向かっていると思われたが一転、容体が急変し、一度も家に連れて帰れないまま、亡くなった。

 腕に抱いたときの温かさや笑顔…。崇ちゃんへの思いは募った。

 「もう一度、赤ちゃんがほしい」。3カ月後、治療を再開した。

 ホルモン剤で卵巣を刺激して卵子を育て採卵する。5、6個採れても、子宮に移植可能な受精卵になるものは少ない。また、移植をしてもなかなか着床しない。

 結果が出なくても「おいしいものを食べに行こう」と励ましてくれる隆行さん。焦りは募った。

 「この先、難しいかもしれませんね」。医師の言葉に何度も治療をやめようと思った。だが、「一度は出産できたんだから、次こそは」という思いが消えない。43歳で妊娠反応が出たが、8週で流産した。

 「みんな子供がいるのに、なんで私だけ?」。妊婦を見るのがつらくなり、引きこもりがちになった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

「ニュース」のランキング