産経ニュース

【宮内庁・山本信一郎長官就任会見 一問一答(下)】「後ろを振り向いても誰もいない立場」「熱意を持って、気持ちよく、さわやかに仕事を」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【宮内庁・山本信一郎長官就任会見 一問一答(下)】
「後ろを振り向いても誰もいない立場」「熱意を持って、気持ちよく、さわやかに仕事を」

宮内庁職員へあいさつする山本信一郎長官(右は風岡典之前長官)=27日午後5時51分、宮内庁(代表撮影) 宮内庁職員へあいさつする山本信一郎長官(右は風岡典之前長官)=27日午後5時51分、宮内庁(代表撮影)

 --(前長官からの)引き継ぎは

 「特に、毎日顔を合わせていましたので、引き継ぎというのは特段のものはございませんでした」

 --宮内庁の役割として皇室のご活動を国内外に広く発信していくというものがあると思います。長官はこの点についてどのように取り組んでいきたいとお考えですか

 「まさにおっしゃいましたように、両陛下の、皇室の方々のご活動、それに取り組まれるお気持ちとか、なさりようの基本的な考え方ですね、そういったものがやっぱりしっかりと国民の皆さんに伝わってくということは大事だと思います。そういう意味で皆さん方のお役割は、こんなことを言うと高いところからになりますが、皆さんのお役割があって、そういったお姿が伝わるということだと思います。従って、行幸啓先でのなさりようを知っていただくということになっていると思います」

 「そういう意味で、毎週記者会見をして参りましたが、そういう意味では宮内庁として、きちんと説明すべきは説明して、知っていただくべきことは広く知っていただけるように、いろんな工夫をして努力をするのが大事だと思っております。ホームページなんかも大変充実してきましたし、私自身もそういうマインドで皆さま方にも、なされることの意味合いですとか、お知らせをしてきたつもりですし、これからもそういう気持ちでマスコミさんにはご指導、お付き合いをいただきたいと思っております」

続きを読む

「ニュース」のランキング