産経ニュース

【宮内庁・風岡典之前長官退任会見 一問一答(上)】「あるスタートの役割を果たさせていただいた」「象徴としての重みを拝することがあった」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【宮内庁・風岡典之前長官退任会見 一問一答(上)】
「あるスタートの役割を果たさせていただいた」「象徴としての重みを拝することがあった」

会見した、宮内庁の風岡典之前長官=27日、東京都千代田区の宮内庁(寺河内美奈撮影) 会見した、宮内庁の風岡典之前長官=27日、東京都千代田区の宮内庁(寺河内美奈撮影)

 「個別的なことで申し上げますと、先ほど、御陵のあり方とご葬儀のあり方について報告しておりますが、細かい詰めが残っております。それについても引き続き検討を要すると思います」

 --このタイミングでの退任という中では、「やりとげた感」はお持ちなのでしょうか

 「(以前の)記者会見でご説明したように、5、6年前に陛下の方から今までのご活動が困難になったときにどう考えたらいいのかということがスタートとなって勉強してまいりました。具体的な対応をどうするのかということもありますし、また、お気持ちをどういう形で表明すればいいかも含めて検討し、去年くらいから公にする考え方の元に進めていましたが、内容が陛下の憲法上のお立場という関係で慎重に取り扱うものでしたので、内閣官房とも調整をしました」

 「私自身は、陛下のお考えが国民に知らされ、政府も国民もあるいはいろんな人が、考えるスタートになったということは感慨深いものがあります。ただ、これからどうするかという難しい次のステップに入る時期ですので、次の長官に委ねた方がいいんだろうとの判断のもとに行いました。長い道のりのあるスタートの役割を果たさせていただいたと思います」

 --事務方のトップとして「お気持ち表明」などいろいろなことがあったと思いますが、その中で陛下のご様子ですとか、お話で心に残っていることがあれば、ご紹介いただければ

続きを読む

このニュースの写真

  • 「あるスタートの役割を果たさせていただいた」「象徴としての重みを拝することがあった」
  • 「あるスタートの役割を果たさせていただいた」「象徴としての重みを拝することがあった」
  • 「あるスタートの役割を果たさせていただいた」「象徴としての重みを拝することがあった」

「ニュース」のランキング