産経ニュース

【高論卓説】米反対で漂流寸前のTPPを打開するには… そう、お隣の韓国を巻き込むのだ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高論卓説】
米反対で漂流寸前のTPPを打開するには… そう、お隣の韓国を巻き込むのだ!

 そのなかで日本は、RCEPが質の高い、つまり関税撤廃の度合いが高い自由貿易協定にするよう旗を振ってきた。一方で貿易自由化よりもアジアでの影響力拡大に重きを置く中国は慎重で、両者の綱引きが続いてきた。そのバランスを日本優位に傾けたのが、15年10月のTPP大筋合意だ。

 ところが、ここにきてTPPの先行きが怪しくなってきた。米国大統領選で民主、共和両陣営ともTPP批准に反対の姿勢を鮮明にしているためだ。オバマ大統領は政権のレガシー(遺産)とするため任期中に何とか批准しようとしているが、そのハードルは高い。

 TPPの発効を前提に動いてきたアジア諸国は、一斉に様子見に転じている。こうなると、日本はやや孤立気味となる。

                  ◇

 そこで重要になってくるのは、韓国を巻き込むことだろう。朴槿恵政権のもとで中国に大きく傾斜してきた韓国は現在、米国や日本との結びつきを再度強める方向に軌道修正中。TPPには政府、財界とも参加に前向きだ。

 これまでは日中韓FTA交渉やRCEP交渉などにも韓国は消極的だった。日本にとってこれらの交渉は、中国市場へのアクセス拡大のために意味がある。だが、韓国はすでに中国とFTAを結んでいるからだ。むしろ産業構造が似ており、技術力が高い日本と同じ自由貿易圏に入ることに韓国は脅威を感じてきた。

続きを読む

「ニュース」のランキング