産経ニュース

【高論卓説】米反対で漂流寸前のTPPを打開するには… そう、お隣の韓国を巻き込むのだ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高論卓説】
米反対で漂流寸前のTPPを打開するには… そう、お隣の韓国を巻き込むのだ!

 9月7日にラオスのビエンチャンで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)ビジネス投資サミットで安倍晋三首相は、「ASEAN諸国のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加を後押しする」と表明した。同時に、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)についても「質の高いものとなるよう、しっかり進める」とコメントした。

 RCEPは、日中韓の3カ国にASEAN10カ国、さらに豪州、ニュージーランド、インドを加えた計16カ国によるメガFTA(自由貿易協定)だ。もともとは2015年中の合意を目指していたが、現実には今年中の合意も難しい情勢となっている。

 その出発点は、東アジアで米国抜きの自由貿易圏をつくりたい中国が05年に日中韓とASEANによる枠組みを提唱したことだ。これに対抗して日本が、さらに豪州、ニュージーランド、インドを加えた枠組みを主張。最終的にASEANが日中の提案を踏まえてまとめた構想が現在のRCEPである。

 交渉参加国が多く、かつ経済水準のばらつきが大きいのがRCEPの特徴だ。それだけに農業分野などで関税率の引き下げ幅を巡る隔たりが大きい。

続きを読む

「ニュース」のランキング