産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大

支那事変(日中戦争)の戦費調達のため国債が売り出され、バスを利用した巡回売り場で買い求める人々 支那事変(日中戦争)の戦費調達のため国債が売り出され、バスを利用した巡回売り場で買い求める人々

前のニュース

(毎週土曜日に掲載します)

帝国の崩壊を予言する

 近衛文麿内閣は支那事変の「不拡大」を決めたものの、やがて昭和13(1938)年1月16日、「国民政府を相手にせず」との政府声明を出した。河合栄治郎が近衛首相の求めに応じて提言した「すみやかな終結」も効果がなかった。

 日本は事変拡大で中国の心臓部と英国の中枢神経に刃(やいば)を突きつけていた。戦火は上海に飛び火して、揚子江一帯に巨大な権益を持つ英国を刺激した。栄治郎は日中戦争がこれ以上、拡大し、米英との衝突に発展することを憂慮した。つい1年ほど前には、ファシズム国家と手を結ぶ日独防共協定が成立し、対米英関係が一気に悪化した。

 栄治郎は1月31日、経済界の招きに応じて東京・丸の内の日本工業倶楽部で講演をした。この中で彼は率直に自らの危機意識と今後の見通しを語った。

 「この日中戦争の結果日本は、米英との戦争に突入し、満洲、朝鮮はもとより、台湾、琉球をも失うことになるだろう」(猪木正道「解説」『全集第十四巻』)

 国際政治に非凡な見通しをもつ栄治郎は、なんらの幻想もなく行く末を洞察していた。日本が日独防共協定で枢軸側にくみした以上、米英両国を敵とする世界大戦へ突き進むと考えた。それがいかに危険で覚悟が必要かを講演で語った。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング