産経ニュース

【月刊正論】政府も悩む皇室「パンドラの箱」 退位・譲位の制度化がはらむ皇室の尊厳を脅かす危険性とは… 麗澤大教授・八木秀次

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論】
政府も悩む皇室「パンドラの箱」 退位・譲位の制度化がはらむ皇室の尊厳を脅かす危険性とは… 麗澤大教授・八木秀次

象徴としての務めについてのお気持ちを表明される天皇陛下=8月7日、皇居・御所応接室(宮内庁提供) 象徴としての務めについてのお気持ちを表明される天皇陛下=8月7日、皇居・御所応接室(宮内庁提供)

 退位・譲位を制度化することには、大きな困難を伴う。それは法技術的な困難ばかりではない。皇室の尊厳や存立基盤を脅かす危険性をも伴うからだ。国民が天皇や皇族を政争に巻き込み、皇位継承を拒絶する自由を認め、皇族の不在を招くことにも通じる。明治の皇室典範制定以来封印して来た「パンドラの箱」を開けることにもなる。

 それゆえ、陛下のご意向は尊重しつつも、皇室がその尊厳を汚されることなく、永続するためにはどうすればよいかという視点での慎重な検討が必要となる。それは建国以来、天皇を「人民の精神を収攬するの中心」として戴いて来た、長い歴史を受け継ぐ国の国民としての責任でもある。

■八木秀次(やぎ・ひでつぐ) 昭和37(1962)年生まれ。早稲田大学法学部卒。同大学院政治学研究科博士課程中退。専攻は憲法学等。憲法、皇室制度に関する著書、論文多数。

※この記事は月刊正論10月号から転載しました。ご購入はこちらへ。

■ ■ ■ ■月刊正論10月号メニュー■ ■ ■ ■

【特集】小池都知事は「正論」で勝てるか

★小池百合子が保守のジャンヌダルクになる日  ジャーナリスト 井上和彦

★舛添前知事も“傀儡”だった? 小池よ、ドン内田と徹底的に戦え  作家 猪瀬直樹

★宇都宮健児氏「鳥越さん、あれじゃあダメですよ」 野党共闘の“被害者”は語る

★哀しき鳥越俊太郎氏 事務所退散の一部始終  本誌編集部

         × × ×

★民主党 長島昭久衆院議員「蓮舫代表で共産党と決別できますか?」

★毛沢東の生家は、今も大盛況だった…  戦史作家 牧野弘道 

★チャンス到来! 北方領土返還の現実味  東海大学教授 山田吉彦

★新シリーズ第1回 日本虚人列伝 瀬戸内寂聴  評論家 小浜逸郎

【特集】陛下のお気持ち

★「昭和から平成」を仕切った石原信雄元内閣官房副長官が語る ビデオメッセージを政治発言にしてはならない

★政府も悩む皇室「パンドラの箱」  麗澤大学教授 八木秀次

★平成と昭和で「象徴」は変わったか  作家 竹田恒泰

 × × ×

【特集】改憲勢力3分の2になったのに…

★  どうしてそうなるの? 左曲がりの憲法改正論  大和大学専任講師 岩田温 

★9条改正はコワくない 柄谷行人著『憲法の無意識』を大活用!  埼玉大学名誉教授 長谷川三千子 

         × × ×

★民族の受難-通州事件の研究  拓殖大学客員教授 藤岡信勝 

★稲田防衛相“核武装発言”のどこが悪い?  軍事評論家・元空将 佐藤守

★昭和天皇がレイプの主犯だって!? やっぱりヒドい世界記憶遺産の申請文書  明星大学特別教授 高橋史朗

【特集】人工知能 支配する民、支配される民

★ロボットスーツHAL サイバーダイン代表取締役社長/CEO 山海嘉之氏インタビュー これからの社会はどうなる? 日本人の未来は?  

★AI社会を乗り切る知のフォースを身につけよう 筑波大学教授 古田博司

★世界はすでにAI戦争の時代 軍事評論家 古是三春

         × × ×

★ぬるま湯正論  漫画家 西原理恵子

★メディア裏通信簿  障害者施設の凶行はなぜ起きた?

月刊正論10月号のご購入はこちらへ。

このニュースの写真

  • 政府も悩む皇室「パンドラの箱」 退位・譲位の制度化がはらむ皇室の尊厳を脅かす危険性とは… 麗澤大教授・八木秀次

「ニュース」のランキング