産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】法令守らぬ「蓮舫代表」担ぐ怪奇 何が問題かも理解できず

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
法令守らぬ「蓮舫代表」担ぐ怪奇 何が問題かも理解できず

陣営会議に参加した民進党の蓮舫代表代行=14日午後、東京都千代田区(桐原正道撮影) 陣営会議に参加した民進党の蓮舫代表代行=14日午後、東京都千代田区(桐原正道撮影)

 民進党代表選では、にわかには信じ難い「怪奇現象」が起きている。候補者の一人、蓮舫代表代行が13日に台湾籍を持つことを明かし、「二重国籍疑惑」が事実だったことを認めたにもかかわらず、代表選での優位は動かないのである。

 国籍法は、「外国の国籍の離脱に努めなければならない」と定める。蓮舫氏はその規定を順守せず、自身がどの国の国籍を持つかも把握しないまま、天皇が任免する認証官である閣僚まで務め、産経新聞が疑問点を指摘しても「意味が分からない」と逃げてきた。

 民進党議員らは、そんないい加減な人物が、政権交代があれば首相となり得る野党第一党代表の座に就くことに、何の疑問も感じないのか。だとすれば背筋が寒くなる。

 民進党という狭い「コップの中」で、勝ち馬に乗ってポストを得るためだと考えているのなら、まさに国民不在である。そうではなくて、何が問題か理解できていないとしたら、ますますどうしようもない。

 例えば岡田克也代表は、周囲から「これは問題ですね」と忠告されてもピンとこない様子だったという。8日の最後の代表記者会見では、蓮舫氏を擁護してこんなことを語っていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング