産経ニュース

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【湯浅博 全体主義と闘った思想家】
独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件

昭和12年ごろの新法文経済学部教室・研究室 (「東京大学の百年 1877~1977」から) 昭和12年ごろの新法文経済学部教室・研究室 (「東京大学の百年 1877~1977」から)

 栄治郎らの同調を期待した土方の思惑は外れた。栄治郎はこの時の沈黙について、後に「自分は独立独歩、信ずる路を歩いた」と振り返っている(「日記II」『全集第二十三巻』)。

 長与又郎総長も中央公論の論文だけなら、総長と学部長への陳謝で収められるものと考えていた。ところが、内務省から新たな問題を突きつけられて形勢は逆転する。

 矢内原は講演で「日本の理想を生かすために、一先ずこの国を葬って下さい」と表現したことが、「国体背反」にあたるとされた。「祖国を葬れ」という修辞は陳謝だけでは済まされない。長与はもはや矢内原をかばいきれなくなった。12月1日、矢内原は問題が広がる前に辞表を提出した。

自由主義の本領

 矢内原事件は大規模な弾圧の始まりにすぎなかった。彼が辞職した半月後の12月15日、帝大助教授だった労農派の大森義太郎はじめ、向坂逸郎や山川均らも逮捕された。コミンテルンの人民戦線戦術に呼応して革命を企図したとして、計400人が一斉検挙された。

 東京帝大教授の大内兵衛や助教授の有沢広已らが逮捕されるのは時間の問題であるとみられていた。朝日新聞の扇谷記者は大内の研究室で「どうも雲行きが怪しいですよ」と告げた。顔に深い縦ジワをよせて、鉛筆で頭をつつき「うん」といって、沈痛な顔をしていた(扇谷同)。

続きを読む

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎のニュース

全体主義と闘った思想家・河合栄治郎の写真

  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(61)その生涯編・攻撃
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(60)その生涯編 戦火拡大
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(58)その生涯編・人民戦線事件
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(56)その生涯編・赤門人民戦線
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(52)その生涯編・孤高の戦い
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(51)その生涯編・不動の思想
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(48)その生涯編・1年ぶりの祖国
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(47)その生涯編・ソ連とドイツ
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(45)その生涯編・講演旅行
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(44)その生涯編・講演依頼
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(43)その生涯編・論争後
  • 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(42)その生涯編・一騎打ち

「ニュース」のランキング