産経ニュース

【トレンド日本】「ふんどし女子」が密かに増殖していた! 売り上げは年々増加 「一度締めたら手放せない」と言わせるその魅力とは?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
「ふんどし女子」が密かに増殖していた! 売り上げは年々増加 「一度締めたら手放せない」と言わせるその魅力とは?

越中ふんどしタイプ(右)と、もっこふんどしタイプ。もっこふんどしはパンツのような感覚ではくことができるという 越中ふんどしタイプ(右)と、もっこふんどしタイプ。もっこふんどしはパンツのような感覚ではくことができるという

 麻や綿などの天然素材、水玉やストライプなどのさわやかな柄…。デザインがおしゃれな女性用のふんどしが増え、ふんどしを愛用する「ふんどし女子」がひそかに増えているようだ。ふんどし女子のなかには、「一度履いたら手放せない」と話す人も多い。女性たちをとりこにする、ふんどしの魅力とは何なのだろうか。

 ふんどしイベント盛況

 「寝るときだけでも、締め付けのない下着に変えるだけでストレスがなくなります」

 8月中旬、百貨店の西武池袋本店(東京都豊島区)の女性下着売り場で、ふんどしの魅力を語る女性限定イベントが開かれた。平日にも関わらず、立ち見が出るほどの盛況ぶりだ。日本ふんどし協会の中川ケイジ会長が、集まった女性たち10人以上の前で熱く語った。就寝時にふんどしを着用する「夜ふん」を提案している。中川会長の横には、2体の女性型のマネキンが、それぞれストライプ柄がさわやかな印象のふんどしを付けていた。

 ふんどしというと、多くの人が思い浮かべるのは、お祭りのときに、男性が身に付けている、ねじられた紐をお尻にキュッと締め込んだ、「六尺ふんどし」ではないだろうか。

 しかし、現在市販されている女性向けふんどしは、おなかの前で生地が二重になる「越中ふんどし」や、短い布の前後に紐を通し、脇で結ぶ「もっこふんどし」と呼ばれるタイプが主流。「もっこふんどしの中には、ショーツのような形の商品もあり、ふんどし初心者に人気です」と中川会長。水玉やストライプなど、おしゃれなデザインも多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ふんどし女子」が密かに増殖していた! 売り上げは年々増加 「一度締めたら手放せない」と言わせるその魅力とは?
  • 「ふんどし女子」が密かに増殖していた! 売り上げは年々増加 「一度締めたら手放せない」と言わせるその魅力とは?
  • 「ふんどし女子」が密かに増殖していた! 売り上げは年々増加 「一度締めたら手放せない」と言わせるその魅力とは?

「ニュース」のランキング