産経ニュース

【TVチェック】NHKが日テレ「24時間テレビ」に殴り込みか? フィナーレに「笑いは地球を救う」をぶつけ「何か起こる…」と予告

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【TVチェック】
NHKが日テレ「24時間テレビ」に殴り込みか? フィナーレに「笑いは地球を救う」をぶつけ「何か起こる…」と予告

「笑いは地球を救う」というキャッチフレーズを掲げたNHKEテレ「バリバラ」 「笑いは地球を救う」というキャッチフレーズを掲げたNHKEテレ「バリバラ」

 「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで親しまれている日本テレビ系恒例特番「24時間テレビ」が、今年も8月27、28日に放送される。一方、同番組が最終盤に差し掛かる28日午後7時からは、NHKのEテレが「笑いは地球を救う」と銘打った番組の生放送を予定。これに対し、インターネット上では「『24時間テレビ』へのアンチテーゼでは」などと注目が集まっている。

 その番組とは、NHKEテレ「バリバラ」(日曜午後7時)。「バリアフリー・バラエティー」を略した、障害者やマイノリティーのための情報バラエティーだ。普段は収録済みの内容が放送されることが多いが、28日は「検証!『障害者×感動』の方程式」をテーマに生放送するという。

 「なんで障害者ドラマは感動話ばかりなの?」「なんで感動されないといけないの?」

 予告動画などによると、そんな疑問を、スタジオやVTRなどで出演者が考えていく内容のようだ。

 これだけを見ると、有名人と障害者の交流や、障害を扱った特別ドラマなど、さまざまな企画で「感動」を伝えてきた「24時間テレビ」に疑義を呈したような内容にも感じられる。ただ、NHK広報部は、「24時間テレビ」との関連性や放送日時が重なったことについて「他意はない」としている。

                

 そもそも「バリバラ」は平成24年に放送スタート。熊本地震での障害者の状況や、相模原市の障害者施設で入居者19人が刺殺された事件を取り上げるなど、硬派なテーマを扱う一方で、笑いの要素を盛り込んだ意欲的な企画も続々と送り出しているのが特徴だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • NHKが日テレ「24時間テレビ」に殴り込みか? フィナーレに「笑いは地球を救う」をぶつけ「何か起こる…」と予告

「ニュース」のランキング