産経ニュース

【耳寄り情報】ウーマンリブの象徴「赤玉パンチ」 田中角栄も愛した「オールドパー」…昭和の酒が世代超えて復活

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【耳寄り情報】
ウーマンリブの象徴「赤玉パンチ」 田中角栄も愛した「オールドパー」…昭和の酒が世代超えて復活

「オールドパー シルバー」のハイボール 「オールドパー シルバー」のハイボール

 エネルギー系企業に勤める峰島信彦さん(48)も「懐かしい!」。連れの若い後輩たちは「ジュース感覚でたくさん飲める」「すっきりして夏向き」と歓迎する。

 東京や千葉で串屋横丁を展開するドリーマーズの中村正利社長(47)は「やや甘味があるので、塩ホルモンなどの肉料理に合う」と4月からメニューに取り入れた。

 復活のきっかけは2年前。NHKの連続テレビ小説「マッサン」で赤玉スイートワインをモデルにした酒が取り上げられて特需発生。これをベースにした「赤玉パンチ」の飲み方提案が昨年から大阪で始まり、居酒屋で提供されるようになった。サントリーによると現在全国約3千店(うち首都圏約750店)、年内に3500店での取り扱いを目指している。

      ◇

 ロッキード事件、田中角栄逮捕から40年。人気の角栄語録本をめくると、テーブルに「オールドパー」のボトルがドンと置かれた写真があった。歴代宰相らに愛された重厚なスコッチウイスキーにハードルを下げた新顔が登場。「オールドパー シルバー」(希望小売価格3240円)だ。輸入販売元「MHD モエ ヘネシー ディアジオ」ではハイボールを推奨し、昨年から和食店などで1杯千円以下で提供されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • ウーマンリブの象徴「赤玉パンチ」 田中角栄も愛した「オールドパー」…昭和の酒が世代超えて復活
  • ウーマンリブの象徴「赤玉パンチ」 田中角栄も愛した「オールドパー」…昭和の酒が世代超えて復活
  • ウーマンリブの象徴「赤玉パンチ」 田中角栄も愛した「オールドパー」…昭和の酒が世代超えて復活
  • ウーマンリブの象徴「赤玉パンチ」 田中角栄も愛した「オールドパー」…昭和の酒が世代超えて復活

「ニュース」のランキング