産経ニュース

【写真集チラ見せ】深田恭子33歳を「男性目線」と「女性目線」で撮り比べてみると…『AKUA』&『This is Me』

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【写真集チラ見せ】
深田恭子33歳を「男性目線」と「女性目線」で撮り比べてみると…『AKUA』&『This is Me』

男性誌「週刊プレイボーイ」編集部が男性目線で編集した『深田恭子写真集 AKUA』(集英社・2300円+税) 男性誌「週刊プレイボーイ」編集部が男性目線で編集した『深田恭子写真集 AKUA』(集英社・2300円+税)

 両誌のもう1つの違いは、「動」と「静」だ。『AKUA』は、男性誌「週刊プレイボーイ」が男性目線で編集。水着姿でビーチバレーをする砂浜でのシーンや、サーフィンを楽しむなどアクティブな場面が多い。『AKUA』がパブリックに向けた健康美あふれる「動」だとすると、『This is Me』は、サーフィンの合間にくつろぐ「静」を意識した。そのためか、背中の大きく開いたレオタードや透ける素材の部屋着など『This…』のほうがプライベート感が満載。大きく引き延ばした顔のカットでは半開きの唇がなんとも色っぽい。さらに水着の上に羽織ったランジェリー風ドレスを身に付けると水着だけでいるよりも、よりエロティックに映り、同性から見てもドキドキする。

 「彼女はただかわいいだけではなく、新たなステージに進んでいる。かわいさの中にある、大人っぽさと色っぽさ。メークをしたり、自分を飾ったりしなくても、存在そのものが“かわいい”」と担当者。

 美容好きの女性の間で人気の女優は、沢尻エリカさんや北川景子さんら、ぱっちりとした上がり目で、俗に“ネコ目系”といわれる顔立ち。深キョンもその系統で過去のマキアでは、ばっちりメークで表紙を飾っている。それに比べると、今回の写真集では、ほとんどメークをしていないかと思われるほどのナチュラルさだ。

 「一時期と比べるとメークで盛る傾向は減って、少し前からナチュラルメークがブームになっている。深田さん自身もメークはお好きと聞いているが、30歳を超えてからは上手に引き算のメークも取り入れられているようです。深田さんのお顔立ちやメークの仕方などに、憧れる女性読者は多い」 

続きを読む

このニュースの写真

  • 深田恭子33歳を「男性目線」と「女性目線」で撮り比べてみると…『AKUA』&『This is Me』
  • 深田恭子33歳を「男性目線」と「女性目線」で撮り比べてみると…『AKUA』&『This is Me』
  • 深田恭子33歳を「男性目線」と「女性目線」で撮り比べてみると…『AKUA』&『This is Me』
  • 深田恭子33歳を「男性目線」と「女性目線」で撮り比べてみると…『AKUA』&『This is Me』
  • 深田恭子33歳を「男性目線」と「女性目線」で撮り比べてみると…『AKUA』&『This is Me』

「ニュース」のランキング