産経ニュース

【山の日スペシャル(上)】19歳の女子大生アルピニスト・南谷真鈴さん 「山は日常から解放される場所なんです」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【山の日スペシャル(上)】
19歳の女子大生アルピニスト・南谷真鈴さん 「山は日常から解放される場所なんです」

7大陸最高峰制覇を果たした南谷真鈴さん(ユニクロ提供) 7大陸最高峰制覇を果たした南谷真鈴さん(ユニクロ提供)

 「いつもは、あのコンクリートジャングルにとらわれて暮らしていたんだな。でも今は、そこから解放されていると思った」

 今年7月、7大陸最高峰制覇の日本人最年少記録を塗り替えた早稲田大2年、南谷真鈴さん(19)は、快挙を果たして帰国した後、東京都内で開いた記者会見で登山を始めたきっかけを聞かれ、13歳のころに記憶に深く刻み込まれた山頂から見た街の風景をあげた。

 南谷さんは神奈川県出身。海外勤務の多い商社マンだった父親の都合で、1歳のころからマレーシア、上海、香港など海外を転々とした。13歳当時住んでいた香港で、学校行事で登った山頂から自分の住む街を眺め、不思議な感覚を抱いたという。

 「そのときに見えたコンクリートジャングルが何とも心に残ったんです。それが、ずっと続く山の取り組みになりました。コンクリートジャングルはきれいな風景でしたが、同時に人間の創造物に、何か感じたこともないような新たな気持ちが沸く気がしました」

 その後、山を登る楽しさにのめり込んだ南谷さんは友人とキャンプしながら数日間かけて香港中の全ての山を登り切った。このキャンプ体験も山の楽しさを強く印象付けたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 19歳の女子大生アルピニスト・南谷真鈴さん 「山は日常から解放される場所なんです」
  • 19歳の女子大生アルピニスト・南谷真鈴さん 「山は日常から解放される場所なんです」
  • 19歳の女子大生アルピニスト・南谷真鈴さん 「山は日常から解放される場所なんです」
  • 19歳の女子大生アルピニスト・南谷真鈴さん 「山は日常から解放される場所なんです」

「ニュース」のランキング