産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】映画「シン・ゴジラ」に平和ボケ・日本の縮図を見た!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
映画「シン・ゴジラ」に平和ボケ・日本の縮図を見た!

自衛隊が総力を挙げてゴジラに向かう映画「シン・ゴジラ」(C)2016 TOHO CO.,LTD. 自衛隊が総力を挙げてゴジラに向かう映画「シン・ゴジラ」(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 登場人物のこの言葉が印象的だった。この映画でゴジラが象徴しているものは何か。人には防ぎようのない自然災害への畏怖なのか、東電福島第1原発事故をはじめとする原発事故への警鐘なのか、それとも日本の法制上の不備や、「平和ボケ」といわれて久しい国防意識の弱さをついてくる巨大な近隣国なのか。

 どれも正解ではないのかもしれない。ただ、いずれにしても登場人物の次の訓示が本質を示している。

 「自衛隊は、この国を守ることができる最後のとりでです」

 防衛費を「人を殺すための予算」と言い放ったどこかの議員にこそ、見てほしい映画である。(論説委員兼政治部編集委員)

「ニュース」のランキング