産経ニュース

【桜井紀雄が見る劇場型半島】元東方神起は性交渉詐欺? トップ俳優やサムスン会長まで…韓国で性的スキャンダルが相次ぐのはなぜなのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【桜井紀雄が見る劇場型半島】
元東方神起は性交渉詐欺? トップ俳優やサムスン会長まで…韓国で性的スキャンダルが相次ぐのはなぜなのか

ソウルの江南警察署に出頭し、記者団の取材に応じるパク・ユチョンさん=6月30日(共同) ソウルの江南警察署に出頭し、記者団の取材に応じるパク・ユチョンさん=6月30日(共同)

 この状況に対し、韓国紙の中央日報は「性犯罪が突然、増えたというよりは、被害女性と大衆の反応が変化した」との専門家の分析を伝えている。

 特に、これまで泣き寝入りしてきた風俗店関係の女性らが、ユチョンさん事件をきっかに「問題化することができるんだ」と「堂々と被害を訴えるようになった」というのだ。

 「このような変化が性犯罪の根絶に役立つ」ともしているが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で、いざ著名人のスキャンダルとなれば、裏付けを待たず、一気に拡散する事情も影響しているようだ。

 ジヌクさんのように、捜査が進む前に「性犯罪者」のレッテルが貼られる一種の“冤罪(えんざい)”を生むことにもつながっている。

 売買春をめぐる韓国社会特有の事情も、背景にありそうだ。

 韓国では、性売買特別法が2004年に施行され、売買春は犯罪として罰せられる。しかし、遊興酒店などは、一部で売買春交渉の場ともなっており、警察の摘発も追いつかず、半ば野放し状態となっている。

 韓国では、売春に従事する女性らが権利を訴え、デモをする風土もあり、「売買春イコール悪だ」という認識が社会全体で共有されているとはいえない。

 スキャンダルを恐れ、性的はけ口をカネで解決する「隠れ家」として遊興酒店を利用する著名人が少なくないとも指摘されている。対価のこじれなどからそのことを暴露され、ファンらから幻滅されるという芸能人にとっては、逆にダメージの大きい代償をもたらしているのが実情のようだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 元東方神起は性交渉詐欺? トップ俳優やサムスン会長まで…韓国で性的スキャンダルが相次ぐのはなぜなのか
  • 元東方神起は性交渉詐欺? トップ俳優やサムスン会長まで…韓国で性的スキャンダルが相次ぐのはなぜなのか

「ニュース」のランキング