産経ニュース

【リオ五輪異聞】巨大トイレどころじゃない海の汚染「治療不能」の超危険バクテリアも… 選手は命とメダルのどっちを取るか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【リオ五輪異聞】
巨大トイレどころじゃない海の汚染「治療不能」の超危険バクテリアも… 選手は命とメダルのどっちを取るか?

ソファなどが廃棄されていた2015年7月のグアナバラ湾。リオ五輪本番までに同湾の水質改善が約束されたが、反故にされそうだ。このほかにも人体に危険なバクテリアが発見されており、選手は危険と隣り合わせになりそうだ(AP) ソファなどが廃棄されていた2015年7月のグアナバラ湾。リオ五輪本番までに同湾の水質改善が約束されたが、反故にされそうだ。このほかにも人体に危険なバクテリアが発見されており、選手は危険と隣り合わせになりそうだ(AP)

 開幕が間近に迫ったリオデジャネイロ五輪。ジカ熱を理由に男子ゴルフのトップ4が相次いで出場辞退を表明したが、テニス界にも波及し、ウィンブルドン準優勝のミロス・ラオニッチらが欠場を明らかにした。ただ、ジカ熱や治安だけが脅威ではなく、出場したばかりに一生健康を害する恐れが改めて指摘されている。オープンウォーターなどの競技が予定されるコパカバーナビーチなど計5カ所で「危険バクテリア」が検出されたとロイター通信が報じている。2年前から生活廃水の流入でセーリング会場となるグアナバラ湾の水質汚染が問題視されてきたが、五輪組織委員会などは水質が改善されたとして問題視していない。治療が困難な感染を引き起こす恐れがあるとされており、危険と隣り合わせでは出場も覚束ない。

 AFP通信によると、男子テニスの世界ランク7位ミロス・ラオニッチ(25)と、女子テニスの同5位シモナ・ハレプ(24)が7月15日、ジカ熱による健康不安を理由にリオ五輪への出場辞退を表明した。ラオニッチは自らのフェイスブック(FB)で「ジカ熱に関する不透明な状況を含め、さまざまな健康不安を考慮し、今回の決断に至りました」と説明。ハレプもFBで「テニスでのキャリアを終えたあと、子供を持てなくなるというリスクは冒せません」と心境を明かした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 巨大トイレどころじゃない海の汚染「治療不能」の超危険バクテリアも… 選手は命とメダルのどっちを取るか?
  • 巨大トイレどころじゃない海の汚染「治療不能」の超危険バクテリアも… 選手は命とメダルのどっちを取るか?

「ニュース」のランキング