PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】名演技派・尾野真千子が「今回は難しいですね」「挑戦だと思って頑張ります…」ってどんな役?

Messenger

「はじめまして、愛しています。」 テレビ朝日 木曜午後9時

 「このドラマは『特別養子縁組』という制度が題材となっています。聞き慣れない言葉ですが、私も最初、普通の養子縁組とは何が違うんだろう?って思いました。少し社会派で、家族や愛というものがきちんと描かれたホームドラマです」

 「特別養子縁組」とは、親と離れ離れになったり、一緒に生活できなくなったりした乳幼児が、血縁関係のない大人と法律上の親子関係を結ぶ実在の戸籍制度だ。「普通養子縁組」とは異なり、成立すれば養親の実子として戸籍に記載されるため、実親との親子関係はなくなる。

 「愛の形は、男女の愛や血のつながりの愛だけではない。それが描かれていることが、このドラマの魅力だと思います」

 今作の場合、悩み多きピアニストの妻、美奈と、お人よしの夫、信次(江口洋介)の前に1人の男の子が現れたことから物語が始まった。自分の子供として迎え入れることを決意した美奈も、男の子の感情や行動を理解できず、戸惑いを隠せない。「突然、5歳の子供の母親になってしまった難しさ、そして、子供に心ひかれていく様子を(演技で)うまく表現できればいいな」

 今回演じる美奈について、「あっさりしている性格の女性。自分は、はっちゃけた役の方がやりやすいタイプなので、今回は正直難しいですね」と苦笑いする。「地の自分を出さないよう、気をつけないといけない。挑戦だと思って頑張ります」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ